運転免許証を取得するなら合宿免許がおすすめです

教習所で運転免許証を取得することになった場合、学科や実技以上に、教習生を苦しめる問題があることをご存じでしょうか。教習所に通って免許証を取得しようとする場合、毎日、毎週、こつこつと教習所に通うモチベーションが必要となります。頑張って通えているうちはいいのですが、少しめんどくさくなって行かなくなってしまうと、そのまま教習所からフェードアウトしてしまうという事も、少なくありません。免許証を取得することは、意外と根気が必要なことなのです。そこでおすすめなのが、合宿免許のシステムを使って、短時間で集中して免許を取得する方法です。教習所にもよりますが、3週間から4週間、みっちりと組まれたスケジュールにそって、しっかりと段階をふんでいけば、効率よく免許を取得することができます。とくに、自分のメンタルを管理するのが苦手な人は、合宿免許のシステムをおすすめします。

合宿免許の一般的な一日のスケジュール

自動車の合宿免許では、どういった流れで一日のスケジュールが進んでいくのでしょうか。一般的なケースでは、次のような一日を過ごすことになります。まずは、基本的には、宿泊所で起床し、そして手早く身支度をし、朝食をとって、教習所行きの専用バスに乗り込みます。教習所に着いたら、その日の学科教習や運転教習のスケジュールに沿って、各自で教室に行ったり、乗車場所へ行ったりすることになります。学科教習は1コマが50分程度の集団授業を受けます。運転教習は、校内での練習、公道を走る練習、高速教習などがあります。12時頃になると昼食の時間になります。昼食はバイキング形式が主流です。また、教習と教習の間の待ち時間を過ごすための自習室やフリールームも完備されており、無料でインターネットを利用できる環境も整っています。そして、夕方5時くらいに宿舎に戻り、夕食を食べたり、お風呂に入って疲れをとるというのが一日の流れです。

費用の面でもお得なのが合宿免許

就職する前に取得しておいたほうが良い物の1つに運転免許があります。仕事で車を運転するのが必要な事もありますし、就職したら教習所に通う時間がなかなかとれなくなります。特に新入社員は仕事を覚えるのが精一杯で、教習所に通うのが大変です。それよりも学生時代に夏期休暇などの長期休暇を利用して取っておくほうが楽です。家から教習所に通うこともできますが、合宿免許のほうが免許取得までにかかる費用が断然安くなります。一般の教習所に通う場合には30万円以上お金がかかりますが、合宿免許の場合は20万円程度で取れるところもあり、しかも宿泊費や食費なども込みとなっています。友人と一緒に申し込めば部屋も同じにしてもらえますし、旅行感覚で過ごせます。さらに最近はサービスが充実しているところが多く、中には歯のホワイトニングが無料で受けられたりデザートバイキングを開催しているところもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*